ビリから東大!9割上がる勉強法 楽しく勉強して学力を伸ばし続けるマニュアル

あなたもみんなが驚いて腰を抜かしそうになるほど学力を伸ばし、しかも学力の伸びを止めない勉強方法を知りたくありませんか?

あなたの中の「天才」が覚醒する方法をお教えします。


現在 最新情報
  「まったく勉強をする気がしない」
「いくら勉強をしても成績が伸びない」
「スランプの結果、どんどん成績が下がる一方」

このような方でも、本教材で効果が出なかった場合、
速やかに購入金額全額を返金いたします。
返金の詳細につきましては、本サイトで明らかにしています。
 
もしあなたが試験については何の不安も無い、
第一志望の大学に一発で楽勝で合格できる、
と自信を持っておられるなら、
このページを読む必要はありません。
今すぐページを閉じて下さって結構です。
でも、もし少しでも不安を感じていたり、
「もっと上のランクの大学に余裕を持って合格したい!」
お望みであれば、
読み進めていただくことをお勧めします。
この手紙を読むことで人生が変わるかも知れません。
是非、注意深く読まれることをお勧めいたします。
 

受験勉強をしている時に、このテキストを紹介されました。

初めは、どんな内容だか僕には
分からないような気がしていましたが、
読み進むうちに、その内容に感動して
鳥肌が立つような感じがしました。

「勉強してても成績が上がらない」
「合格はできない」というのは言い訳であって、
「勉強したくない理由」「できない理由」を
  探しているだけだと気付きました。

しっかり集中して、マインドを変えていけば、
必ず合格できるということが理解できました。

自分の成功を思い描くことによって、
自分の夢が叶うことを証明できるような気がします。

このテキストに出会えたことは、
自分の人生での最高の幸運だと思います。

 
 

私自身も東大に現役で合格していますが、
このマニュアルを読んでいればもっとラクに合格できたのになあ、
と思います。

私が通っていたのは進学校で有名な都立高校でしたが、
一浪するのが当たり前、という風潮がありました。
そして、能力はあるのに、
「受験のためだけの勉強をするのがイヤだ」
「大学に行く意味がわからない」
と言って、浪人する人、
実力よりもずっとレベルが低い大学に行く人も大勢いました。

それどころか、東大に入ってからも、
突然、勉強の意欲をなくしてしまう人、
就職が内定しているのに、卒論の提出をやめて留年する人・・・など、
「いったいなぜ?」といいたくなるような例がたくさんありました。

このマニュアルは「東大合格」を
ひとつの基準として打ち出していますが、
決して「東大がすべて」という価値観で書かれた、
単なる受験テクニックではありません。

東大合格にしても、他の試験勉強にしても、
まず最初に、勉強する人自身が絶対におなかの奥まで
落としておかなければならないことが何なのかが理解でき、
だから合格することができる、というものなのです。

勉強する意味がわからないとか、やる気がおきない、という
もったいない、としか言いようのない理由で
ドロップアウトすることもなくなると思います。
(長い人生、そういった寄り道が必要なこともありますが)

そして、一度身についたこの思考法は、生涯にわたって
さまざまな場面で役に立つと思います。
ですから、受験生のみならず、大人が読んでも役に立つものです。

私が受験生のときにこのマニュアルがなかったのが残念・・・
あ、ライバル「だけ」が読んでいたらもっと大変なことになったかも!

 
 

一気に読ませていただきました。
何で自分の受験生時代にこういうものがなかったのかと、
悔やまれるばかりです。
しかし、実際に東大に入るような人は、
どうやって勉強しているんだろうと、不思議に思っていた謎が、
すべて明かされたような気がします。

つまり、元々頭のいい人もいるとは思いますが、東大に入る人は、
「自分を引き上げるマインドコントロールの出来る人」という
ことだったんですね。
この教材では、その方法が余すところなく、
しかもわかりやすく解説されているので、
誰でも取り組むことが出来るでしょう。

しかも、それは東大に入るためだけに使用するのはもったいない。
どんな分野にでも応用可能なマインドセットの方法といえます。
わたし自身、この教材を読み終えてから、
生まれ変わったかのような意識の向上に驚いています。

こういうことだったんですね。
ありがとうございました!

 
 

大学生の子供が二人います。
子供たちが高校時代に、教えてほしかった!
今頃、憧れの東大生になっていたかも。。

でも、この方法は、人生のどんな場面でも、応用がききますね。

子供たちがこれから向かう資格試験、就職試験、

自分が目標とするものを必ず手に入れるために、
すべてに応用が効く方法です。
さっそく、子供たちに教えました。
目からウロコとは、このことです。

受験も人生の目標達成の一つのステップです。
この方法をご両親がしっかり学び、
お子さんの思考回路にしっかり教え込むことで、
勉強のみならず、どんな困難な状況にあっても、
自分自身を自分の求める方向にもっていけることでしょう。

幼いお子さんのこれからの人生のために、
ご両親に、
中・高生のお子さんには、
これからの自分の人生を変えるために、ぜひ、知ってほしい、
とってもすばらしい内容です。

 
「楽しく勉強して学力を伸ばし続けるマニュアル」をお気に入りに追加する

私の開発した勉強法を実践することで、
やる気を極限まで引き出せるため、勉強が全く苦ではなくなります。

そして、勉強すればしただけ実力(学力)が伸びるため、ますますやる気になります。

受験生が第一志望校に行けなかったり、何年も浪人したりする大きな理由は、
学力の伸びが途中で止まってしまうことと、やる気が持続しないことです。(特に浪人生)

私のやり方はやる気を最大限に引き出し、
学力の伸びをどんどん加速して行けるノウハウです。
一度覚えたら、忘れない記憶術も含まれています。

学力の伸びが止まる本当の原因を知り、学力を伸ばし続け、
余裕を持って第一志望校や資格試験に合格できる方法を知りたい方はぜひ以下を
お読み下さい。

 

「お前が東大?冗談だろ?」

学年でトップクラスの同級生で、私の前の座席に座っているO君がそう言った。

目は完全にバカにしきっていた。

それだけでなく、
「お前、東大ナメてるだろっ!」と怒っているようにさえ感じた。

無理も無い。
彼の言うことは誰が見ても正しかった。
なにしろ当時、私は地方の公立高校の2年生で偏差値が30台だったからだ。
学年では400人中367番、クラスではビリから2番目だった。

つまり、東大はおろか、
大学に入れるかどうかさえわからないくらいのひどい成績だった。

そう、私は全くの落ちこぼれ、劣等生だったのだ。
この頃私は何とかして成績を上げることができないかと夜も眠れないほど
悩んでいた。

そんな成績の私が志望校を東大、と言ったので、
クラスの友人達もあきれ返っていた。

私自身も客観的に見たら絶対に不可能な状態と言ってもいい過ぎではないことは
わかっていた。

口では東大と言ったものの、本心では、
ノイローゼになりそうなほど悩んでいた。
少しくらい勉強しても成績に全く効果が現れなかったためである。

私はどうすればいいのかを必死で考え続けた。
自分の状態を徹底的に分析し、
どうすれば東大に入れるかを必死で考えていたが、
何をしたらいいかわからなかった。
数か月間焦りだけが大きくなり、
暗中模索という言葉がぴったりの状態が続いていた。

しかし、あるとき私は「あること」に気付き、
それを使ってある科目の勉強を始めた。

すると、成績が驚くほど上昇し始め、
高校3年の終わりには東大も射程距離に入るレベルまで学力が伸びていた。

その年はまだ実力を伸ばし続ける秘密に気づいてなかったため浪人したが、
浪人中にも実力を伸ばし続ける秘訣を使うことにより、
成績が上昇し続け、余裕を持って東大に合格することができた。

私の合格を知ったときは冒頭の同級生も腰を抜かしそうになるくらい
驚いていた。

先生方も皆驚いていた。田舎の実家では親戚一同はもうお祭り騒ぎで、
何度もお祝いの宴会を開いてくれた。

 

あなたもみんなが驚いて腰を抜かしそうになるほど学力を伸ばし、
しかも学力の伸びを止めない勉強方法を知りたくありませんか?

こんにちは。安田三四郎と申します。

私は高校2年生の時、学年400人中、367番、
クラスでもビリから2番目というひどい成績でした。

どれくらいひどいかというと、
地元の国立大学に入るのには250番くらいに入っている必要があり、
367番ではほとんどまともな大学に入れず、
高卒で就職してもおかしくない状態だったのです。

そんな最低の状態から日本最高の偏差値を誇る大学に入れるまでの経緯を以下に
書きましたのでぜひお読み下さい。

高校2年の秋、私は全くの劣等生で、そのままの成績では、東大どころか、
地方大学にも入れず、高卒で就職しなければならない状況にありました。

勉強はサッパリでしたが、空手と読書は好きでした。

ですから、のんきな私はそれでも空手の先生か本屋さんにでもなれば、
何とか食べていけるだろう、と気楽に考えていました。

高校2年の夏くらいまでは、まだ受験が現実のものではなく、
ずっと先のことのように思えていたからでした。

ところが、高校2年の3学期にもなると、同級生も本格的に受験態勢に入り始め、
受験の話題が多くなってきました。

同級生達が受験中心になると、のんきだった私もさすがに少し考え始めました。

いろいろ考えると、
高卒で就職するよりも大学に進学する方が将来楽に生活できる確率が高いと思えたからです。

しかし、当時の成績はクラスでもビリから2番目。

のんきな私もさすがに、これはまずい、
と思ったのですが、
どうしていいかわからず目標と現実の落差の大きさから
焦りだけが頭の中を渦巻いていました。

このままでは国立大学はおろか、
私立大学にも入れないかも知れない。

「高卒で就職するしかないのか?」と考えると胃が痛くなり、
夜も眠れない日々が続きました。

いろいろ考えた結果、「やはり、高卒で働くのは嫌だ」という思いが強くなりました。

非常に厳しい状況だけれど、受験勉強をできるところまでやって大学入学を目指そう。

そして、どうせ受験勉強をするしかないのなら、
名もない大学に行くよりも東大に行くことを目標にしよう、と無謀なことを考えました。

この時は何の根拠も無く、まともに考えたらありえないことを考えていたわけです。

実際、その頃の私の学力は400人中367番、
模擬試験の偏差値で言えば30台で到底まともな大学に入れる成績ではありませんでした。

とはいえ、そのままの状態でこれから1年間、
同級生が東大等の一流大学や医学部の話をしているのに
「私だけ地元の名もない私立大学に行こう」という気にはなれませんでした。

さらに父とのある約束があり、このことからも何とかして東大に入りたいと思いました。

しかし、決心はしたものの、現実には東大どころか、
大学に入れるかどうかすら怪しい成績でした。

「どうすればいいのか?」

「どうすれば成績を上げて大学に進学できるだろう?」

そんなことを何ヶ月も悩んでいました。

そうして悩んでいるあるときに、ふとあることが閃きました。

「そうか、これをこうして勉強すれば合格できるかもしれない」

「あること」に気づいた、1回目でした。

気づいたことを元に作成した勉強計画を高2の終わりの春休みに実行しました。

すると、苦手だった数学が自分でもびっくりするほど理解でき、解けるようになりました。

高3の4月の授業中には他の誰もが解けない問題を皆の前で黒板ですらすらと
解けるまでになっていました。

高3で習う数Ⅲを2週間程度で、自力で習得できたのです。

「これで大学進学への可能性が出てきた」という手ごたえを感じました。

何とか最低の状態からほんの1科目だけですが、
「大学に行けるかもしれない」という感触を得たわけです。

それも、たったの2週間の勉強によってです。

ここから私の成績はどんどん伸び始めました。

高3の春から秋にかけての私の成績は、
367番から200番台、100番台、50番台、30番台、10番台と
着実に伸びていきました。

先生方も驚いていました。

その結果、秋頃には大阪大学クラスなら入れるレベルに入っていました。

東大を目標にしてもおかしくないレベルに、短期間で到達できたわけです。

ところが、高3の秋に10番台になった頃から成績が伸びなくなりました。

このときはまだ「なぜ成績が伸び悩むのか?」という理由がわかっておらず
頑張ったわりには成績があまり伸びない、という状態に陥りました。

いわゆるスランプに陥ってしまったのです。

必死で頑張ってもどうしても
学年10位以内に入ることが出来ませんでした。

この時期は他の生徒達も必死で頑張っていたので、
今考えるとそう簡単に抜けないのは当たり前と言えば
当たり前だったのですが、
頑張っているのに手ごたえの無い状態でした。

とはいえ、高2の秋には367番だった成績が高3の秋には10番台に躍進したわけです。

この伸びを維持できれば、現役で東大に入れたはずです。

ところが、なぜか成績の伸びがピタリと止まってしまったのです。

この頃の模擬試験の結果では大阪大学クラスが合格可能圏に入っていました。

第1回目の「あること」に気づいたことで、
偏差値30台から難関国立大学である大阪大学レベルまで学力が上がったわけですから、
凄いことだと思いませんか?

しかし、第1回目の「あること」への気付きは、実は不十分だったのです。

「偏差値30台から大阪大学レベルなんて、十分じゃないか」

そう思われる方も、おられるかもしれません。

しかし、その後の第2回目の気付きに比べれば、大したものではなかったのです。

話を戻します。

実力相応に大阪大学を受験してもよかったのですが、
私はどうせ受験するなら東大と考えており、現役のときの受験は東大1本に絞りました。

合格可能圏にも入っていませんでしたが、当初の予定どおり、東大を受験しました。

が、さすがに世の中は甘くなく、玉砕しました。

まだ、実力がその域には達していなかったのです。

高3の秋から冬にかけては、あまり成績は伸びませんでした。

「成績の伸びが止まった」。これが、第1回目の気付きが不完全だった理由です。

通常からみれば第1回目の気付きは、私の学力を相当なレベルまで伸ばしてくれました。

しかし、あるレベルまでくると学力の伸びが止まってしまったわけです。

その後、「学力の伸びが止まらない」方法に気付きました。

その気付きまでには、まだ数ヶ月という時を待たなくてはなりませんでした。

しかし、当時はそんなことを知る由もなく、東大は落ちましたが
「もう一年やれば何とかなるのでは?」という楽天的な気持ちでいました。

「1年勉強すれば、東大に入れるだろう」

そんな気持ちで突入した浪人生活でした。

わずか1年で偏差値30台から大阪大学レベルまで学力が伸びたわけですから、
あなたもご理解いただけるはずです。

しかし、現実は甘くありませんでした。

面白いように伸びていた私の学力ですが、高3の秋に伸びが止まり、
浪人生活に入ると下降線をたどるようになったのです。

正直、最悪でした。

春先にはそれでも東大の合格ギリギリのラインをウロウロしていましたが、
浪人時代の夏にははるか合格圏外に落ち込んでいました。

「現役のとき、大阪大学に行っていればよかった」

そんな気持ちが湧き上がるほど、つらい状況になっていました。

第1回目の気付きは、確かにすばらしいものでした。

しかし、磐石なものではありませんでした。

学力の伸びが止まるということはおろか、どんどん下がったわけですから…・

私は、東京で予備校生活を送りながら、
平行して高校2年から興味を持っていた潜在意識の活用についても研究を続けていました。

浪人時代のどん底の時期に
「なぜ成績が連続して伸びて行かないか」ということに対する秘密に気付きました。

2回目の気付きです。

浪人時代の9月のことです。

これは第1回目の気付きとは、比べ物にならないものでした。

2回目の気付きを基に作った対策を始めてからは
成績が伸び悩むことはなくなりました。

その対策を使って勉強することで
予備校の成績もどんどん伸びていき、
東大入試オープンでは、国語127番、英語と理科が300番台、
数学は1500番台で、理科I類の合格確実圏に入りました。

このとき数学についてはわざと成績を落としましたが、
その理由についてはノウハウの一部ですのでここには書きません。

数学については、Z会では大体115点~117点レベル(120点満点)だったので、
何の心配もありませんでした。東大入試本番でも数学は4問完答、
2問部分回答だったので100点くらいは取れたと思っています。

この成績の伸びを維持する方法をさらに深めて行くことで、
予備校の11月の試験くらいから、合格確実圏に入っており、
その後も成績が安定して伸び続け、
本番の東大入試でも余裕を持って合格することができました。

つまり、8月には東大のはるか合格圏外であったにもかかわらず、
9月に「あること」に気付いたおかげで11月には駿台模試の偏差値が60を超え、
東大にトップクラスで合格できる成績になっていたのです。

11月以降も学力は伸び続け、入試が終わったときには既に合格を確信していました。

このときはガッツポーズをするような興奮もせず、静かに合格を確信しました。

合格確実圏に入った後も上記の対策により、
学力の伸びが止まることなくどんどん成績が向上していたためです。

「合格以外には一切何もありえない」という確信のようなものがありました。

入試が終わってから合格発表までの期間には、不安などは全くなく、
「早く発表の日が来ないかなぁ」と合格の確認を待つだけの状態でとても楽しい時期でした。

合格を確信していたので、合格発表は発表2時間後位に確認し、両親に電話しました。

私は当然と思っていたのですが、親はそうでもなかったようで、興奮した様子でした。

様々な試行錯誤が報いられた瞬間でした。

私自身は静かに喜びに浸っていたかったのですが、
その後、親戚一同は大騒ぎでお祝いの宴会が続き、
思ってもいなかった人から祝福の言葉をかけられたり、
人生が一変しました。東大に合格したというだけで
周囲の反応が驚くほど変わりました。

家族内での地位も上がったようです(笑

成績が伸び続ければ、誰でも東大に合格することができます。

当たり前ですよね。

現役なのか一浪なのか、あるいは二浪なのかは人にもよりますし、伸び率にもよります。

しかし、伸び続ければいつの日か東大に合格できます。

毎月偏差値が「1」ずつでも伸びれば、
いつかは60を越えますから。

ご理解いただけると思います。

私が浪人時代の9月に構築した方法は、
一言でいえば「学力の伸びが止まらない」ということにつきます。

しかも、急激に伸び続けるために短期間で目標とする偏差値に達することができます。

成績が伸び続けることで、東大トップクラスで合格。

さらに、東大合格にとどまらず、学力が伸び続ければどんなことになるでしょうか。

東大にトップ合格できる学力がある人が、そのまま伸び続ければ、
どんな試験もパスしてしまいます。

私に関しても、「あること」に気付くことで得たことは、
単に東大合格だけには止まりませんでした。

人生全体の成功法則を身につけることができたと思っています。

スランプに陥らずに実力を伸ばし続けることができるようになったのですから。

実際、その後は大学院入試、資格試験、会社の昇進試験等、
ちょっと本気を出した試験は全て突破できています。

実は東大の博士号と国家資格を活かして数年前まで大学で教授をしていました。
(昨年ある事情で辞任し、現在はコンサルタントとして独立しています)

本当のことを言いましょう。

私が気づいた秘密を知り、その方法を実行すれば、誰でも成績を大幅に向上させ、
さらにスランプに陥ることなく、学力を伸ばし続けていくことが可能になるでしょう。

これが何を意味しているかおわかりでしょうか?

スランプに陥らずに成績が上昇を続けるとすればどんなことが可能になると思いますか?
ちょっと考えてみて下さい。

世の中には多くの浪人生が存在します。

浪人生として予備校で1年間余分に勉強してもそれほど成績が伸びず、
現役のときとあまり変わらないレベルの大学に入る人が非常に多いです。

この最大の理由は成績が伸びなくなるためです。

繰り返しになりますが、
もし、時間に比例して成績を伸ばし続けることが
できるとしたら・・・。

勉強をすればしただけ学力が伸びるとしたら・・・。

どんなことが可能になると思いますか?

成績の伸びが止まることなくずっと伸び続けるとしたら・・・。

そう、賢明なあなたならお気付きのように、
時間さえかければどんな難関試験でも突破できることになります。

大学受験生の頂点である、東大医学部、東大法学部・・・。

あるいは国家資格中最難関の司法試験、公認会計士試験・・・。

こういった超難関資格試験でも学力を伸ばし続けることができれば
いつか必ず合格レベルに到達できる
ことをご理解いただけると思います。

成績が上がり続ける勉強を続けてさえいればいつか必ず合格レベルに到達できる。

努力が必ず報われる、ということです。

せっかく勉強するのですから、
できるだけ効率よく成果に結び付けたいと考えるのは人間として当然の欲求だと思います。

根性で苦しさに耐え、
1日十数時間も拷問のような猛勉強をしても成績が上がらなければ単なる時間の無駄です。

いや、「その時間他に楽しいことができた」とを考えるとマイナスとさえ言えます。

でも、私が開発したこの方法を使うことであなたは
勉強の効率を最大限にまで高め、
実力を伸ばし続けることができるようになるでしょう。

「そんなバカな」と、思われるかもしれませんが、本当です。

私自身、この方法で成績を急上昇させ、さらにその伸びを続けることができました。

「やっぱり、お前は先天的に頭がよかったんだ」

「偶然なんじゃないか?」

いえ、違います。

私の教え子達も、飛躍的に成績を伸ばしています。

例えば、成績が50番台の高校1年生がたったの3か月で学年4位になりました。

あなたもこのノウハウを知りたくありませんか?

落ちこぼれだった私がどうやって並み居る優秀な受験生を追い越し、
約2年で東大に余裕をもって合格できるまでに実力を伸ばすことができたのか?

もっと厳密に言うなら、浪人時代に「あること」に気づいたことで、
下がり続けた成績が一気にV字回復し、東京大学にトップクラスで合格できたわけですが、
その「あること」とは何か?

それは、上でいうある秘密のノウハウを用いたためです。

その際につかんだノウハウを使うことで、以下のことが可能になります。

あなたの中の天才が目覚める奇跡の受験勉強法
  • 伸び悩んでいた学力をどんどん伸ばす方法がわかる
  • 勉強量に応じた効果が得られ、スランプに陥らなくなる
  • 勉強しても頭に入らないということが無くなる
  • 一度覚えたら一生忘れなくなる記憶術がマスターできる
  • 勉強することが苦でなくなる
  • 勉強が好きになり、ノリノリで勉強できるようになる
  • 試験直前の必死の集中力がいつでも発揮できるようになる
  • 今劣等生であっても、志望校に合格できる実力が付くやり方がわかる
  • 周りからバカにされている学生でも、皆に尊敬される存在になれる
  • 一流大学に入学して、一流の友人を持ち、 一生の宝となる友人関係を得る方法がわかる
  • 司法試験、公務員試験等の試験委員がいる大学への入り方がわかる
  • 高級官僚や弁護士、医者になることがより容易にしてくれる
    大学に入る方法がわかる
  • 超一流大学に入り、週1回2時間で月30万以上を稼ぐ家庭教師のバイトを見つける方法がわかる
  • 一流大学に入り、充実した設備、一流の教授陣から学べる
  • 超一流大学を卒業して、学歴を一生の宝にする方法がわかる
  • 海外の一流大学卒のビジネスマンにも自信を持って交渉できる方法がわかる
  • 海外留学できるようになる
  • 大学院入試、資格試験にも合格できるやり方が身に付く
びりからでも東大に入れる

そんなバカな。そんな方法が存在するのなら誰でも優等生になってしまうじゃないか?

という声が聞こえます。

実際、そのとおりなのです。
この方法を使いさえすれば、あなたが、
仮に今劣等生だったとしても勉強が楽しくてたまらなくなり、
毎日最高レベルの集中力とスピードで学力を伸ばすことができるようになれる、
と私は確信しています。

その自信があるので''返金保証''をつけているのです。

このノウハウをモニターした高校生はチャート式数学を
1日20ページずつ進められるようになり
、友人を驚愕させました。

もう一人は司法書士試験の受験生なのですが、彼女は合格可能性D判定が多かったのですが、3ヶ月過ぎる頃にはB判定が増えていき、A判定も取れる科目も出てきました。
最近では科目別では全国1位の成績も取りました。

彼や彼女は決して受験名門校ではなく、普通の高校生、家事手伝いの受験生です。

さらに、私が直接教えた高校生はたった3ヶ月で学年50番台から4番にまで
成績が急上昇しました。
小学4年生は数学で早稲田セミナー2000番台から143番をたった2ヶ月で取り、
その後クラスで1番にもなりました。

その他数多くの事例があります。

つまり、このノウハウを知り、
実行すれば、学生(小学生、中学生、高校生、大学生、大学院生)、社会人を問わず、
学力を飛躍的に伸ばし続けることができるようになると確信しています。
その自信があるので返金保証を付けています。

 

ノウハウには絶対の自信を持っておりますが、万一、
このノウハウを6ヶ月実行して成績が10%以上上がらなければ全額返金します。
(例えば、購入時100番であれば、90番以上にならなければ返金いたします)
通常は30%以上は成績が上がると考えておりますが、
3ヶ月実行してみて効果がみられない場合はメールでご相談下さい。
その後3ヶ月メールサポートを受けても成績が上がらない場合は全額返金いたします。
その際場合により、電話等で状況、
やり方等を伺わせて頂く可能性がございますのでご了承下さい。
また、返金を請求される際、
購入直前~購入後6か月後までの成績の推移を証明する書類(成績表等)の
コピーもお送りいただきますので予めご了承下さい。

なお、そのコピーと一緒に下記も添えてお送りください。
《記載内容》
・ご購入者様のお名前
・ご住所
・お電話番号
・ご購入日
・ご返金先情報(銀行名・支店名・口座番号・口座名義カタカナ)

 
     
 
(1) 段階別-急激に成績を上げるためにあなたがまずやることとは?
 
     
 

本教材では、以下のような読者の現状に合わせ、
なるべく短期に成績をあげるためにやるべきことを紹介しています。
□ 一応合格可能圏に入ったことがあるが、
可能圏に入ったり出たりで伸び悩んでいる人

□ 一応勉強しているが、あせりや不安があり、
あまり勉強が手につかなかったり、勉強しても頭に入っていかない人

□ 一応勉強しているが、まだ合格可能圏に達しておらず今年は無理かも、
と思っている人

今あなたがどのような状態であっても、あなたに合わせた作りになっています。

 
     
 
(2) 成績を伸ばし続けるための大前提とは?
 
     
 
これから、あなたはとどまるところを知らないほど成績が伸び続けます。
その前に、大前提を確認していただく必要があります。
極めてわかりやすく説明しておりますので、ご安心ください。
 
     
 
(3) 安田流「潜在意識覚醒法」とは?
 
     
 
ご存知と思いますが、
頭脳を覚醒させるためには潜在意識を無視することはできません。
潜在意識は、様々な成功理論の中で、
いろいろな人が持論を展開しています。
本教材で紹介される安田流
「潜在意識覚醒法」
どこにも語られたことのない、まさに目から鱗の方法です。
 
     
 
(4) 成績を大爆発させる「○○の法則」とは?
 
     
 
周りの人が腰を抜かすほど成績を伸ばすことができる「ある法則」
あります。
本教材の大きな肝になる部分です。
あなたも、きっと瞬時に理解され、
成績をびっくりするほど上昇させるはずです。
 
     
 
(5) 集中力がとぎれることなく、どんどん高まっていく方法とは?
 
     
 
勉強するに当たって、重要なキーワードは集中力です。
あなたが、集中力がないと悩んでおられるのであれば必見です。
集中力大いに高め、高いモチベーションが継続する、
誰もが大喜びする方法をご紹介します。
 
     
 
(6) 学力の伸びが鈍くなる理由とは?
 
     
 
何度も申し上げているように、
学力が伸び続ければ誰もが東大に合格することができます。
逆に言えば、学力の伸びが鈍くなるから合格できないわけです。
学力の伸びが鈍くなる理由を知り、
その原因を解消すればあなたの目標達成も一気に近づくはずです。
 
     
 
(7) 一生忘れない記憶法とは?
 
     
 
受験勉強の中で、暗記は避けて通れません。
暗記が苦手ということだけで、
一流大学をあきらめてしまう人も多いのではないでしょうか。
本教材では、一瞬にして頭の中に入れ、
2度と忘れることのない記憶法をお教えします。
 
     
 
(8) 私の科目別勉強方、具体的テクニックとは?
 
     
 
私は、東大にトップ合格いたしました。
その実績に基づき、数学、英語など科目別の勉強法をご紹介しています。
これは、当然のことながら、
あなたの目標をかなえるための大きなポイントになるでしょう。
 
     
 
(9) 効率的な偏差値上昇のための秘訣とは?
 
     
 
いよいよクライマックスです。
偏差値をあげるためには、
毎日莫大な時間を勉強に当てればいいというものではありません。
もちろん闇雲に勉強して偏差値を上げる人もいるでしょう。
しかし、
そんな労力を使わなくても、
偏差値を飛躍的かつ効率的に上げる方法はあるのです。

多くの合格者を輩出した秘訣を徹底的にお教えします。
 
     
 
(10) 苦もなく偏差値を上昇させるための体質とは?
 
     
 
「体質?いったい、何のこと?」そう思われるかもしれません。
実は、最小限の労力で偏差値を格段に向上させるために、
体質も重要な意味を持っているのです。
ご安心ください。毎日○km走るとか、
ビタミンがどうのといった話ではありません。
 
ここで紹介したことは、本教材の極一部です。
ぜひご期待ください。

このノウハウを実行するのに必要な時間は1日15分~30分程度です。
(勉強時間は別途必要です。スタート時だけはもう少し時間をかけた方が成果が早く出ます)

それを継続することで勉強が楽しくなり、猛勉強せざるを得なくなります。

そうなれば誰でも成績が急上昇し、合格できます。
 

普通、予備校に行けば年間最低でも60万円、月にすれば5万円程度かかります。

一流の予備校であれば年間100万円以上かかる場合もあるでしょう。

さらに、地方から東京に出てアパート暮らしをすれば、
さらに100万円はかかりますから、年間200万円程度は必要でしょう。

このノウハウを実践すれば名門高校でなくても、目的は達成できます。

1年間都会に下宿して予備校に通う約200万円以上を
節約できるのです。

 
 

東大に余裕を持って入れる勉強法をマスターすれば、高級官僚や弁護士、
会社役員等への道が開けます。

高級官僚の年収は数千万円。
弁護士の中には億を超える収入を得ている人も多数います。
そういう人達の仲間に入ることも夢物語ではありません。

それを考えれば、このノウハウによって数千万、
数億円の収入を将来得られる可能性もあるわけですから、
見方によってはそれくらいの価値があると考えられます。

 

あなたはこの方法、いくらが妥当だと思いますか?

100万円?

本来そのくらいいただいてもおかしくないと思っています。

通常、個人指導の場合は300万程度いただくこともありえます。

しかし、100万円では非常に限られた学生さんしかこのノウハウを
使うことができません。

このノウハウは誰もが今よりも2段階以上レベルアップすることを目的にしており、
決して一握りの受験生のみに使ってもらいたいわけではありません。

それらを考え合わせると、10万円程度が妥当と考えますが、
当面、以下の値段で販売させていただきます。

教材価格:39,800円

ご存知のように、家庭教師を1ヶ月雇えばこの程度の費用はかかりますし、
塾や予備校に通えばもっとかかります。

それに、私のコンサルタント料は1時間4万円以上ですから、
これでも安すぎるくらいです。

と、いいたいところですが、後ほどご紹介する理由により
先着100名様に限り、特別に19,800円(税込み)
でご提供させていただきます。
(冊子版は別途製本代+送料1600円がかかります。)

通常販売価格39,800円→先着100名様特別価格19,800円

著者:安田三四郎  商品形式:A4版・118頁

冊子版・ダウンロード版のどちらかを選択して下さい。

  • PDF版についての注意点
  • PDF版のダウンロード方法は、
    決済完了後にご入力いただいたメールアドレスに送信されます。
  • 冊子版についての注意点
  • 冊子版につきましては、決済完了後7営業日以内に発送いたします。
    なお、冊子版は事務手数料1,600円が別途必要になりますので、
    予めご了承ください。


銀行振込・クレジットカード決済など、各種お支払い方法に対応しております。


ご提供形式はダウンロード版(pdfファイル、本体118頁)
または冊子版のいずれかです。
なお、100名を超えましたら、値上げさせていただきます。

たった19,800円で
「人生が変わるような、そんな重要なノウハウを売っていいの?」
と思われるかもしれません。

その理由の1つとしては以下のようなことがあります。

私はある国家資格を持っており、研究開発や発明のコンサルティングもやっております。
その中で、やはり優秀な研究者、
発明家の育成が混迷を極める今の日本経済にとって急務であると感じています。

そのための手っ取り早い方法としては、
大学(高校、中学)受験生のレベルを上げることと考えました。

そこでできるだけ多くの方にチャンスを提供したいと思い上記の値段設定にいたしました。

とはいえ、メール相談サポートを付けている以上、
あまり多くの方を同時にサポートすることはできません。

したがいまして、
サポートが可能な人数に保てる値段設定にするため一定販売数ごとに
値上げさせていただきます。

さらに、それでも追いつかなくなった場合にはサポート特典は
予告なく廃止させていただきますのでご了承下さい。
  テキストだけではわかりにくい部分や最新のノウハウについて
解説したメールを登録したメールアドレスに不定期に配信します。
 
  バージョンアップ版のpdfファイルのダウンロードリンク先を
購入者限定フォローメールでお知らせしますので、
ご自分でダウンロードをお願いいたします。
なお、製本版をご希望の方は別途製本代、送料で2千円いただきます。
 
  購入後6ヶ月間メール相談を回数無制限で受け付けます。
わからないところがあっても、
質問で個別に回答しますので理解できないということはありません。
また、各人に応じたアドバイスもいたします。
ただし、この特典はサポートできる人数(100名程度)を超えた場合、
期間の短縮もしくは別料金とする可能性がございますので、
6ヵ月メールサポートを受けたい方はお早目にお申し込み下さい。

 
  関東近辺にお住いの方であれば、面談も可能です。
その他の地域の場合は原則、電話またはスカイプでのご相談に応じます。
受験生本人からの相談をお受けします(45分程度)。
この時間帯も購入者限定メールでお知らせします。
 
  彼はほとんど予備校にも行かず、
ある通信教育を使っただけで東大に現役合格しました。
その通信教育の活用の仕方や各科目の勉強方法をまとめたレポートを
電子書籍(pdfファイル)で提供します。
これを活用すれば、地方に住んでいても、予備校に通わなくても、
学校の勉強と通信教育だけで東大に入れる可能性がかなり高くなります。
 
  ノウハウには絶対の自信を持っておりますが、万一、
半年以内に成績が10%以上向上しなければ全額返金いたします。
返金条件は3ヵ月間ノウハウを実行しても成績が伸びない場合に
その後3カ月間メールサポートを受けてアドバイスを実行することです。
より詳細な条件はQ&Aに書いてありますのでお読み下さい。
 
  勉強法等に関するセミナーや新教材を出す際には、 購入者様には、
無料モニターを依頼したり、特別価格で先行販売いたします。
これらにつきましても購入者限定メールマガジンでお知らせします。
 
  ご父兄の方には無料で1回スカイプ又は電話相談に応じます(45分程度)。
本人だけでなく、受験生のお母様又はお父様ともお話することでさらに高い効果が得られます。
メールでご予約の上、指定時間にご連絡いただきます。
(受験生ご本人は特典4でスカイプ又は電話相談が可能です。)
スカイプは無料ですが、電話相談の場合の電話代はご負担お願いします。
 

このノウハウは非常に強力ですので、
合格とその後の成功を心から望んでいない人には
読んで欲しくありません。

人生の成功を真剣に望む人にのみ販売させていただきます。

志望校に合格して人生で成功したい人は
以下より申し込みをしてください。
次はあなたが合格して人生を変える番です。


銀行振込・クレジットカード決済など、各種お支払い方法に対応しております。
ご提供形式はダウンロード版(pdfファイル、本体118頁)
または冊子版のいずれかです。
なお、100名を超えましたら、値上げさせていただきます。

このノウハウはこれまでの常識
(苦しみに耐え、一生懸命頑張って勉強しなければならない)を破壊し、
楽しみながらどんどん成績を伸ばしていくノウハウです。

ですので、苦労して勉強した人から見たら卑怯、
非道徳とさえ思えるほど苦労知らずの勉強法です。

そんなものを公開したら、これまでの苦労は何だったんだ?
そんなに楽をするのはずるい、
と文句を言われるおそれもあるので、
あまり公開したくありませんでした。
ひっそりと自分と周辺だけで使おうと思っていたのです。

ところが、最近ネット掲示板などを見ていたら、夢だけは大きいのですが、
その実現のための方法を全く知らない学生が多くいるのを知り、愕然としました。

例えば、ほとんど英語もできないのにハーバードに行きたい、
とか、偏差値50程度で早稲田、慶応に入りたい、
といった途方もなく甘い考えを抱いている学生が増えているようです。

夢を持つのは確かに大切です。

でも、夢はそれにふさわしい方法で勉強しなければ
実現することはできません。

私もかつては、全校で400人中367番、
クラスではびりから2番目でした。

そんな成績では東大はもちろん、普通の大学すら合格できません。

しかし、ある秘密を知ることにより、
その状態から東大に余裕を持って合格できるレベルまで持っていくことができました。

最近の学生の考えが甘い、とは私自身言えた義理ではありません。

しかし、彼らを見ていると、
私が必死で考え抜いて見出した秘密の方法に到達できるとはどうしても思えないのです。

「ハーバードに行くには具体的にどうすればいいのか?」

「今のレベルから旧七帝大、早慶やmarchに合格するには何が必要なのか?」

以上のようなことを真剣に考えているとは全く感じられませんでした。

そういった現実を直視しない姿勢からは大逆転なんて夢のまた夢です。

しかし、現実をきちんと直視し、そのうえで、
私が見出したやり方で勉強すれば成績はどんどん向上することでしょう。

掲示板でも書いたのですが、その掲示板を見ている人はそれほど多いとは思えません。

たかだか数十人ではないかと推測します。

しかし、
同じ悩みを抱えている受験生やその親御さんが多数おられることは想像に難くありません。

私自身、そういう学生さん、
親御さんに直接お会いしてご相談に乗って差し上げれば一番いいとは思うのですが、
私はある難関資格を保有しており、その仕事も多忙を極めております。
睡眠時間が1時間というときも珍しくありません。

ですので、とても直接お会いしてアドバイスを差し上げることはできません。

そこで、かつての私と同じような悩みを持つ学生やそのご父兄に
私のやり方が少しでもお役に立てるのなら、と思いこの方法を公開いたしました。

この方法は大学受験だけでなく、
公務員試験、資格試験、英語の勉強、高校、中学受験等あらゆる勉強に使えます。

今、世界はかつてない経済危機に直面しています。

日本経済の先行きも決して明るいとは言えないのが状態です。

年金問題、派遣労働者の解雇、失業者の増加等将来の不安要因には事欠きません。

未曾有の危機にある日本経済、
世界経済を立て直すには世界のトップになれる人材の育成が不可欠です。
従来のような欧米の技術をマネするだけの人材ではこの危機を乗り切ることは
難しいでしょう。

そのための第一歩としては、若い、中・高校生の学力を上げることが必要と考えました。

私はつい最近まで大学院の教授をしておりました。

そのとき感じたのは、研究者が世界のトップレベルにならなければならない、
ということでした。

それには若い優秀な頭脳を持つ人を増やす必要があります。

このままでは日本経済がかつてない危機的な状況に陥るおそれがあります。

そうならないために世界と戦える人材を作り出すには
受験勉強を通じて成功法則を身に付けた人材を
輩出することが手っ取り早いと考えました。

つまり、このノウハウは決して単なる大学受験、
高校受験のための小手先の技術ではなく、
人生全般に使え、この世界で成功するための秘訣なのです。

夢を実現して成功するノウハウですから受験生に限らず、
どんな分野にも使える成功法則なのですが、
今回は受験勉強に焦点を置いた教材となっております。
  誰でもできますか?  
   
  日本語が読め、理解できる人であれば、誰でもできます。
もちろん、効果には個人差はあります。
すなおで言うとおりにやってみる人の方が疑いながらやる人よりも効果は出やすいです。
逆に、優等生は嫌いだ、わたしなんかうまくいくはずがない、等と
ネガティブに思っている人は少し成果が出るのが遅れる可能性があります。
 
  どんな効果が得られるのですか?  
   
  まず、
このノウハウをマスターすると勉強することが全く苦にならなくなります。
というよりも自然に勉強せざるを得なくなります。
ですから、日常的に普通のこととして受験勉強を楽しんでやるようになれます。
まるで遠足の日を待ち遠しく思っている小学生のように
入試の日を楽しみに待つことができるようになります。
そして成績はどんどん伸びていきます。
スランプになることなく、常に最高の状態で勉強をすることができます。
火事場の馬鹿力のような最高の集中力をいつでも発揮する方法が
マスターできるようになります。
 
  本当に成績が上がるのですか?  
   
  自分がどうしても成績を上げたくない、絶対に成功するのは嫌だ、
と劣等生でいること、人生を失敗したいと強烈に思っている人以外であれば
確実に成績が上がると著者は確信しております。
少しでも成績を上げたいと思っている人であれば確実に成績を上げて見せます。
私が家庭教師をした生徒は3ヶ月で学年50番台から4番に上がりました。
私自身、高校2年で学年367番から半年で10番まで上がりました。
このくらいのことは十分ありえます。
 
  大学受験以外の資格試験受験には使えないのですか?  
   
  私は大学院、公務員試験、弁理士試験に合格しました。
受講生の中には司法書士の受験生もおられ、このノウハウを知ることで、
「ノリノリで勉強することができるようになった」
と喜びの声をいただいております。
そして確実に成績を伸ばしておられます。
さらに司法試験、米国公認会計士試験、社労士、
行政書士、TOEIC受験生にもご購入いただき、活用していただいています。
このノウハウは成績を伸ばすノウハウですから資格試験はもちろん、
どんな試験にも使えます。
一生試験で苦しむことがなくなります。
唯一の難点を言えばどんな試験も苦労せずに合格してしまうので
試験や人生がつまらなくなることでしょうか。
試験は苦労して突破するものだ、
と考えられている方は常識が崩壊してしまうかも知れません。
 
  何年も浪人しているのですが、私でも合格できますか?  
   
  実際、30代後半の東大受験生も購入されています。
しかし、東大受験の場合、
その後の人生を考えると歳は30歳くらいまでをお勧めします。
(医学部、法学部、経済学部で医者、弁護士、会計士を目指す人は
何歳でもOKですが)
30歳までの合格を目指し、
2年以内に合格したいというのであればこのノウハウは非常に有効です。
 
  高齢者でも使えますか?  
   
  資格試験等であれば、50歳代、60歳以上の方でも活用は可能です。
購入者の中には40代の資格試験受験生、
60歳半ばの方もいらっしゃいます。
30代半ばで医学部に入りなおす人もいますから、
本気でやれば合格は可能です。
 
  偏差値が50以下なのですが、東大や早慶に合格できるでしょうか?  
   
  もしあなたが、「ちょっとカッコいいから東大にでも行ってみるか」という
軽い憧れだけでは合格は難しいでしょう。
あなたが偏差値が50以下の場合はかなり強い気持ちが必要です。
例えば、偏差値が低くても東大(志望校)に入りたい理由を
すぐに30個以上言えるとか、理由の数は少なくても、
非常に強い動機がある受験生ならこの教材に書いてあることを
実行すれば志望校に入れる可能性は高いでしょう。
実際、理由の数は少なくても、その理由が非常に強いものであれば大丈夫です。
私も基本的にたった1つの強い理由で東大に入れました。
それはものすごいメリットのある理由でした。
(マニュアルには書いてあります)
燃えるような願望があれば大丈夫だと思います。
現状が非常に厳しい人(合格可能性40%以下の人)は軽い憧れ程度では
東大合格は非常に難しいと考えて下さい。
しかし、そういう人がどうすればよいかもマニュアルには書いてあるので、
本気の方はお申し込み下されば全力でサポートして
合格させる自信はございます。
 
  申し込んではいけない人は?  
   
  まず、マニュアルを読むだけで実行しない人は購入しないで下さい。
実行しなければ成績は上がりません。
実行さえすれば必ず成績が上がる方法ですが、
ただ読んで理解しただけで成績が上がるものではありません。
実行されない場合は、返金保証もしませんので、
その意味からも購入されないようお願いします。
次に、上記のように志望校に行きたい理由が少なくて弱い人、
成績をよくしたくない、成功したくないと思っている人、
誰かを深く恨んでいる人は申し込まない方がよいと思います。
このノウハウは成績がよくなり、人生全体を成功させるマニュアルです。
自分が劣等生でいることや失敗することに何か価値を見出している場合
(悲劇のヒーローに憧れてる人等)は、
このノウハウをやると、
ブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいる状態になります。
すると非常に疲れます。間違っても優等生になんかなりたくない、
成績のよくない状態でいたい、と明確に思っている人の場合は、
成績をよくしたい、という気持ちになってから申し込んで下さい。
そういう人にもある程度の効果を上げることは
可能なノウハウではあるのですが、
無駄なストレスをかけたくないので、成績をよくしたくない、
成功したくない、という価値観をお持ちの方はお申し込みをご遠慮ください。
ただし、そのような方の相談も受け付けますので、メールでご相談下さい。
 
  なぜこのような貴重なノウハウを公開するのですか?  
   
  私が家庭教師をした生徒は例外なく成績が飛躍的に伸びました。
その一つの理由は私が教師の息子として育ち、
子供の頃から教育者に育てられながら、こういうやり方はいい、
こういうやり方はよくない、
というのを身をもって体験してきたからだと思っています。
いわば、学校の先生のやり方の間違っている部分も身を持って体験したので、
その改善方法もわかっています。
ですので、私のノウハウは成績を上げるのに非常に役立つと思っています。
しかし、私自身が家庭教師をできる人数は限られています。
日本は今後、従来のように、
欧米先進国の技術を輸入して安く作るだけではやっていけません。
そういうのは賃金の安い中国、台湾、韓国、インド、タイ、ベトナム 等
の方が有利です。
日本人は今後、世界の中でも優勝できるトップランナー(先頭走者)としての
役割を求められています。
そのためには優秀な人材が多数必要なのです。
そのためにも十分な知識と成功ノウハウを持った人材ができるだけ
多く必要です。
世界で通用する人材を多数排出させ、
日本経済全体を活性化することが作者の願いです。
 
  一般の書籍に比べて高額な気がしますが?  
   
 

確かに一見すると高額と思われるかも知れません。
しかし、このノウハウは一般書籍で売られているものではなく、
私が約1年半の受験生活中に苦労して見出したノウハウです。
何冊も書籍を読み、
1年半位の時間をかけてご自分で開発されるのも可能ですが、
その労力を軽減できるのでそれだけの価値はあると考えております。
それに加えて、通常の本には付いていない、
購入者限定メール(フォローメール)、改訂版の無料提供、メール相談、
面談または電話、スカイプ相談が付属していることを考えれば
決して高額とは言えないと思っています。
東大合格者が身近にいて、何でも相談できる人はいいですが、
そうでない場合、東大卒の博士で、
大学院大学の元教授にメールで無制限に相談できるとすれば
この値段なら安いと思います。
私のコンサルタントフィーは1時間4万円以上です。
しかし、メール相談は購入者は無料です。
この価値をご理解いただきたいと思います。
私が家庭教師時代には1時間5千円でやっていたので、
1カ月9万円位(週2回、1回2時間)もらってました。
家庭教師や塾にいくら費用をかけているかを考えればこの値段は決して
高額とは言えないと思います。
通信教育の一種とお考え下さればご理解いただけると思います。

 
  人生の成功にも使えるというが、通常の成功法則の本とどう違うのですか?  
   
  私は高校時代からいろいろな成功法則の本を大量に購入し、
読んでみましたが、このマニュアルのノウハウは書いてありませんでした。
そのため東大に入るまでに2年もかかってしまいました。
しかし、このノウハウを知っていたらおそらく1年で現役時代に
合格できていたと思います。
つまり、多くの成功法則の本を読んでも成功できない理由とその解決策が
このマニュアルには書いてあります。
ポジティブシンキングの本を読んだことのある人は
おそらく数千万人はいますが、
実際に成功されている方は1%もいないのではないでしょうか?
このノウハウはそうした市販の本の問題点とその解決方法が書いてあります。
市販本には書いていないノウハウ、
私が数十年に渡って研究してきた成功法則の全てを詰め込みました。
このノウハウを知ることで、成績が数十番上がることは珍しくありません。
その価値は人生全体で見た場合、数千万円以上と考えます。
数千万円以上の価値を生むノウハウですので、
本当は100万円で販売することも可能なのですが、
今回は受験生とその親御さんのことも考えてこの値段設定にしております。
 
  開発費はどのくらいですか?  
   
  このノウハウを開発するためにかけた費用は数百万円は下りませんし、
時間も20年以上かけています。
最近でも最新の理論を取り入れてどんどん進化させて行っています。
受験生時代の私と同じように苦労をしてご自分でノウハウを
開発されたい方はそれも一つの考え方と思います。
そういう方はご自分でマーフィー等の潜在意識の本等を大量に読めば
独力での開発も可能です。
しかし、このノウハウであれば、この1冊、しかも118ページの本を読み、
メールサポートを受けるだけで十分な効果をあげることが可能ですので
時間の節約になります。
それによってできた時間を別の有意義なことに使えます。
この教材は合格、成功への時間短縮に役立つという面もあります。
 
  セミナー等の予定はありますか?  
   
  私は自己啓発系のセミナーもやっており、
そちらに無料もしくは優待価格でご招待させていただく可能性はございます。
ただし、今回の教材価格には含まれておりませんので保証ではございません。
 
  個別の資格試験用の教材はありませんか?  
   
  現在司法書士受験生の方が順調に成績を伸ばされているので、
うまく行けばその方と共同で司法書士用のノウハウを開発する
可能性はございます。
他にも、司法試験受験生、社会保険労務士受験生、
行政書士受験生やTOEIC受験生の方も購入されておりますので、
そうしたノウハウに展開する可能性はありえます。
その他、弁理士試験用の教材も作成予定です。
法律系の資格試験であれば他の資格試験にも役立つ内容と自負しております。
さらに、いわゆる自己啓発や成功法則の教材としても非常に役立つ、
という感想も多数いただいております。
 
  返金保証について教えてください。  
   
  このノウハウを6ヶ月実行して成績が10%以上
上がらなければ全額返金します。
(例えば、購入時100番であれば、
90番以上にならなければ返金いたします)
通常は30%以上は成績が上がると考えておりますが、
3ヶ月実行してみて効果がみられない場合はメールでご相談下さい。
その後3ヶ月メールサポートを受けても成績が上がらない場合は
全額返金いたします。
その際場合により、電話等で状況、
やり方等を伺わせて頂く可能性がございますのでご了承下さい。
また、返金を請求される際、
購入直前~購入後6か月後までの成績の推移を証明する書類(成績表等)の
コピーもお送りいただきますので予めご了承下さい。
 
  このノウハウを使っても効果が上がりにくい人はどんな人ですか?  
   
  作者としてはこのノウハウどおりにやれば確実に成績は上がると
確信しています。
しかし、自分は成績を上げたいと思っているのに、周りに、
「お前なんか成績が上がるわけがない」、
「お前なんか成功できるわけがない」、
「お前は昔から何をやってもダメな子だね」等
と一生懸命ダメな人間であることを説得しようとする人がいたりすると
場合によっては成績が伸びにくくなることもあります。
一生懸命ブレーキをかけようとしている人が周囲に居る方は
メールサポートをしっかり受けて下さい。
そうすればそういった環境にある方でも成績はかなり上昇しておられます。
 
  面談は可能ですか?  
   
  当方神奈川県在住ですので関東地方の方であれば都合がつけば面談も可能です。
先着10名の申し込み者に限り1回無料で面談いたします。
関東以外の方は基本的には電話かスカイプでの相談になります。
ご了承ください。
出張等で関東以外の地域に行く際には地方でも面談も実施する予定です。
なお、この面談サービスは保証ではございません。
また、数が多くなり過ぎますと中止もしくは有料となる可能性もございます。
面談サービスを受けたい方は早めのお申し込みをお勧めいたします。
 
  家庭教師をして欲しいのですが。  
   
  当方の都合がつけば不可能ではありません。
が、当方は基本的に1人でやっておりますし、本業もありますので、
直接教えられる人数には自ずから限界があります。
しかし、現役東大生を紹介することも可能ですのでご相談ください。
 
  親が読んでも役に立ちますか?  
   
  親御さんにこそ読んでいただきたいです。
さらに、親御さん向けに別のpdfファイルを追加する予定にしております。
また、中学生(高校受験生)の親御さん向けの教材も現在開発中です。
 
  我が家の教育方針と合わないか不安です。うちは勉強だけでなく、
スポーツも遊びも伸び伸びとやって欲しいのですが。
 
   
  このノウハウは勉強だけをやる子にするノウハウとは全く違います。
私の東大時代の先輩、後輩にはインターハイとか全日本ジュニアに出場した程
のスポーツマンもいます。
このノウハウを使うことで勉強が能率よくできるようになりますから、
その他の活動の時間も十分取れ、
小学校、中学校、高校時代をより有意義に過ごすことができます。
家族旅行など家族との時間も十分取れるようになるでしょう。
 
  この教材は、大学の受験生だけに効果があるのですか?  
   
  いえ、効果が認められた方は多岐に渡ります。
現在、購入者には、司法試験受験生、米国公認会計士(CPA)受験生、
司法書士受験生、社労士受験生、行政書士受験生、TOEIC受験生
などがおられ、それぞれ本教材で効果を認められています。
 
いかがでしたでしょうか? あなたの疑問は全て解決されましたか?
もしまだご質問等がございましたら下記のフォームからご相談下さい。
無料でご相談に応じます。


銀行振込・クレジットカード決済など、各種お支払い方法に対応しております。
ご提供形式はダウンロード版(pdfファイル、本体118頁)
または冊子版のいずれかです。
なお、100名を超えましたら、値上げさせていただきます。
 

何かの資格や勉強に挑戦している人にも、是非お進めのテキストです。

膨大なテキストなのに、一気に読んでしまいました。
すっごく面白かったです。

なんだか、再勉強して、大学にチャレンジしてみたくなりました。
やっぱり、実際に東大に合格してる方の話は、説得力がありますね。

具体的な勉強方も、モチロン、
自分の身体を、
勉強したくなるような気持ちと身体に変えてもらえるのが、
一番の収穫です。

参考書も、誰でも手に入る物ばかり例題にとってあって、
すごく具体的でした。

このテキストを、一早く手にする事で、
人生が変えられる人が、沢山いると思います。

今年が大学受験じゃなくても、
早すぎるということはありません。

親がさりげなく子供に渡してやる本としても、最適だと思います。
何より、お子様自身だけでなく、
お父さん、お母さんにとっても、すごく為になります。

実際、私は、今年受験生になる娘と読んだのですが、

私が100回「勉強しなさい。」というより、
ずっと効果がありました。

ガリガリ勉強法というよりは、
すごく楽しく挑戦できるやり方なので、
何かの資格や勉強に挑戦している人にも、是非お進めのテキストです。

 
 

やる気があればなんでもできる!

私は大学の受験生ではありませんが、
どうしても手に入れたい資格があります。
ですが、毎日高いモチベーションを維持できるわけはなく、
時間があっても無駄に過ごすこともしょっちゅうありました。

そんな時「奇跡の受験勉強法」という題にひかれ
何か参考になることはなかろうかと読んでみました。

私自身は潜在意識の重要性は知っていましたが
(無意識で思っていることが現実になる、等)
無意識を意識的に有効活用することで、
こんなにも効果が現れるものとは知りませんでした。

活用、といってもただ「成功をイメージする」という
曖昧模糊なものでなく、具体的な活用の仕方が書いてあり
私が今まで読んだ「潜在意識の活用法」として
一番私になじみやすい内容でした。

ただ、できるかどうかは私自身の問題ですので
これからしっかり本文を自分の実感として意識に刷り込み
自分が手に入れたい資格取得に向け、
学習していこうと思いました。

購入者特典メルマガで教えてくれる勉強法も
とてもわかりやすくてよかったです。

 
 

受験生必須の商材

受験生必須の商材だと思います。
科目ごとの勉強方法に加えて
合格する人とできない人の思考の違いについて
詳しく解説されています。

もし勉強をすることに集中できていない方がいたら
一度読んでみることをお勧めします。
勉強をしなければならない理由がわかるとともに
持続していくために必要なモチベーションアップの
材料が豊富に詰まっています。

私自身は大学受験をする理由がはっきりと見つからずに
受験をしなかった人間ですが、
学生時代にこのマニュアルと出会っていたら
人生が変わっていたかもしれません。

また、このマニュアルは大学受験のためのみならず
人生の成功のヒントがたくさん隠されています。
私は自分の人生をより良いものにするために
この受験マニュアルを応用させて頂いてます。

成功するためには成功している人に聞くのが一番

読み終わると合格できない理由がなくなる
合格できない理由が明確になる
だから合格する方法がわかる

 
 

大学受験前や資格試験前に出会いたかった!!

私は大学に何とか入れたものの、
その後数々の資格試験に挑戦しては挫折してきました。
公認会計士、税理士、日商簿記1級、宅建、英文簿記、英検・・・

もっと早くこのE-bookに出会っていればまた違った人生を
歩んでいたのかもしれないと思うと、非常に悔しいです。

しかし、E-bookを読み終えて、「やるぞー!!」という気持ちが、
それも今までにないほど強い気持ちでしたので
受験を控えている高校生や浪人生はもちろんのこと、
資格試験に合格したい方、
成功したい方は是非手に取っていただきたいです。

私はこのE-Bookがすばらしいと思うのは、他に応用がきくという点、
それも人生の大事な場面で通用すると言うところです。
今の私にはダイエットに応用できそうですので
やってみようと思っています。

また、このE-bookは受験生をお持ちの親御さんにも
非常に参考になりますね。

子供を受験で成功させたかったら、
人生で成功させたかったら是非お読みになって見てください。

私も子供が受験生になったら実践させます。

安田さん、大変素晴らしいE-bookに出会えたことを感謝しています。

 
 

大きなことを成し遂げる為には意志の力だけでは非常に困難です。
やらなければならないことが分かっていても、
なかなかモチベーションが上がらずに失敗してしまうなんてことは
よくあることです。

そこで潜在意識の力を味方に付ける必要が出てきます。
潜在意識は多くの人がその存在を知ってはいるが、
その活用の仕方を誤っています。実は、人の思考や行動の殆どは
潜在意識に支配されているのです。
この潜在意識を味方に付けない限りは成功はおぼつかないのです。

このマニュアルでは、
潜在意識の力を受験勉強に活用する方法が書かれています。
頑張っているけれどもなかなか実力が伸びないで悩んでいる人、
このマニュアルがそんな悩みを吹き飛ばします。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
この教材は推薦者の声を読んでいただければわかるように人生全体の成功に使える教材です。実際、大学受験生だけでなく、
司法書士、社労士、TOEICの受験勉強にも役立てておられる方もおられます。

私がこれまでに学んできた勉強法の全てだけでなく、
成功法則の全てについて書き下ろしました。
潜在意識、宝地図(ドリームマップ、ビジョンボード)、クリティカルシンキング、
システム思考、プロジェクトマネジメント、戦略思考、問題解決、ビジネスプラン
と言った自己啓発からMBAのコースで学ぶような本格的なビジネス論までの
バックグラウンドを総合して作成しております。

ですから、何かにお悩みの方には誰でも問題解決手段として使える教材となっております。

自分で言うのも変ですが、
この値段で劇的に人生を変えられる
ノウハウが手に入ることは他では無いと思います。

私としてはできるだけ多くの方に手に
入れていただきたいと考えておりますが、
申し込み状況によっては、
サポート特典中止等の可能性もございます。

その点もご考慮の上、お早めに申し込まれることをお勧めいたします。





銀行振込・クレジットカード決済など、各種お支払い方法に対応しております。
ご提供形式はダウンロード版(pdfファイル、本体118頁)
または冊子版のいずれかです。
なお、100名を超えましたら、値上げさせていただきます。
メルマガ登録・解除  
びりからでも東大に入れる!?奇跡の受験勉強成功法
   
受験勉強の極意に関するメールセミナーをご希望の方はこちらからお申し込み下さい。
ご質問、ご要望もこちらからどうぞ。

氏名
姓: 名:
E-Mail ※
ご質問、ご意見、ご要望はこちらにご記入下さい

※は必須項目です。メールアドレス以外は任意です。